<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

化石

こんにちは、セラピストの相馬です。

渡部さんの酢の話題・・・酢ってそんなに体に良いんですね。健康おたくなので、酢は積極的に摂っていきたいところです。
ちなみに私がお酢を摂るに当たっては、納豆に混ぜるのが定番です。意外とおいしいです。お酢よりも納豆が苦手な人だったら、お酢を混ぜると匂いやネバネバが抑えられるので、むしろお勧めかもしれません。

それから「某菌マンガ」と聞いて笑ってしまいました。私の周りの友人には、そのマンガの舞台となった大学に通っていた人が多く居るので。

菌というか、生物繋がりで無理やりこじつけますが、先日、地球生物学の本を興味深く読みました。

特に印象に残ったのは、地球にある全てのものは地球からの借り物なのだよ、ということです。つまりヒトの体もすべて地球からレンタルされているものだということです。
だから、そもそも「ものを個人で所有する」という独占的な考えも、本来はおかしいことなのだよーと言っていて、ほほーそれはそうかもな!と思いました。

それこそ、最近はものを大量に処分していて、それに伴って所有欲について考えていたので、読んでいてますます興味深かったです。

それはそうと、先日家の人が居ない隙に冷蔵庫の大掃除をしたら、30%が賞味期限切れでした。母親世代の人ってなかなか物を捨てられないみたいですが、それにしたって10年近く前のお茶が発見されるなんて、夕方のニュースの特報コーナーじゃあるまいし、と思いました。

てゆうかこんなの書いて、ただの恥さらしですよね。
なんて言いつつ、皆さんもご自宅の冷蔵庫の中を覗いてみてください。意外と昭和の年代物があったりして!それはそれですごいですけど、早めの処分をお勧めします(^^^^^)
[PR]
by fro-salon | 2008-05-20 20:34 | 生活

身近にあるすぐれもの

こんにちは、そしてお久ぶりです。

セラピストの渡部です。

今回は何ににでも使えるお酢について書きます。

酢は昔から薬として古くからすぐれた効能が知られています。

日本の家庭料理で最も多く使われる穀物酢はコメなどの穀物を
発酵して造られたものです。

発酵などに興味のある方は某菌マンガをおススメ致します。

酢の種類はさまざまあり、世界では何千種もの酢があるそうです。

原料はその国で最も多く生産される食材から造られます。
 
大事なのはここから。

酢に含まれる成分、酢酸には健康づくりに役立つ多くの働きがあります。

血圧上昇も抑制・動脈硬化も防止や過剰な消化吸収を抑制したりも
するので、ダイエットにもお薦めです。

飲酒前に酢を飲むとアルコールの吸収を穏やかに。

血糖値の気になる人にも良い効果が期待できます。

酢酸の他にも含まれている成分、クエン酸はカルシウムなどの
ミネラルの吸収を助けて疲労回復にも効果あり。

酢は飲んだりもできますが抵抗がある人には料理に使うのがいいでしょう。

サラダにかけたり、マリネや酢豚など。

酢と野菜を一緒にすればアクを除いてくれたり、肉を柔らかく仕上げ
魚の臭みも和らげます。

また、食中毒菌の増殖も抑えて殺菌したりする効果もあるので
混ぜて炊けば夏場でも傷みにくくさせます。

他にも酢酸の効果を利用して台所やお風呂場と水周りの掃除にも使えます。

酢は蜜封した状態で直射日光を避けれ冷暗所に保存してください。
[PR]
by fro-salon | 2008-05-18 22:25 | 生活

メタボ健診

お久ぶりです。 セラピストの渡部です。

気づけばもう5月も半ばですね。

皆さんは、健康診断を受診されたりしますか?

会社での集団検診や個人での定期診断に市や区で行われるもや受けない方
もいるでしょう。

多くの方は職場や自治体が行う健康診断を利用されるのではないでしょうか?

その診断が新しい制度に変わりましたね。

「メタボ健診」です。

厚生労働省は脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病の原因になっている
といわれるメタボリックシンドロームを防ぐことで中長期的な医療費削減に
つなげようと、メタボ診断の導入を決めたそうです。

メタボ診断では40~74歳の人(妊婦を除く)を対象に腹囲・血圧・血糖値
コレステロール値の4項目の検査が義務づけられています。

このメタボ健診ですが受診が少なかったり保健指導の効果がみられなかったりすると
医療保険者(自治体や健康保険組合)に対してぺナルティーが課せられると言います
から健康診断を行う側としても入れざるを得ないようです。

さて、メタボ診断により何が変わるのか?
[PR]
by fro-salon | 2008-05-14 19:23 | 生活

取り憑かれ

こんにちは、セラピストの相馬です。またも、ややお久しぶりです。

外がものっすごく過ごしやすい季節になりましたね。日中暑いくらいですが・・・犬の散歩も夜7時ぐらいに行くのが非常に丁度よいです。草の匂いとか花の匂いがしてさわやかです。天然アロマです。

そんな具合に活発に動ける季節になりまして、わたくし最近「捨て魔」になっております。
最初は単純に部屋を片付けるつもりで、要らない物をぽいぽい気軽に捨てていたのですが、だんだん面白くなってきて、着ない服や使っていないバッグ、今まで義理でとっておいた物、人様からプレゼントでもらったもの、謎の装飾品、ぬいぐるみ、置物・・・もうある物ない物捨ててるんです。ない物は捨てられませんが、それぐらいの勢いで捨ててるってことなんです。

そうすると、当たり前ですがだんだん部屋に空きスペースが出てくるんですよね。視認できる床面積も増えてきますし、引き出しもまるまる一つ空っぽになったりします。
そんな光景を見ていると、芋づる式に、もっと物を減らしてもっと部屋を広く快適に使いたいという欲望がふつふつと・・・。そしてさらに物を捨てていく、片づけスパイラルに陥ってゆきます。

一旦、まとまったごみ袋を部屋から出して一息つくと、それでもまだ部屋に沢山の物があって結構驚きます。私は一体何をこんなに持っているのか!物を持ちすぎではないのか!という気分になります。

ここまで来ると、一体何を目指してこんなにストイックになっているのか、途中で我に返ってしまうのですが、でもまだまだ減らしたくて仕方ありません。手持ちの本もだいぶ減りました。今は本当に気に入っている本しか手元にないので、かなり精鋭と言えるラインナップです。

そしていつかは「私の財産はスーツケース一個分よ!」なんて言ってみたいものです。
ただ、語尾に「よ」を付けるのは50代までは無いと思います。
[PR]
by fro-salon | 2008-05-09 14:22 | 生活