かわいいだけじゃだめなのよ

こんにちわ!川野悠子と申します。うちには自分の可愛さだけを武器に生きてきたレモン色のオカメインコがいます。私が忙しくあまり相手をしてあげないと、ある日片足を引きずっていました。鳥は忍耐強く重症のときしか弱音を吐きません。慌てて病院に連れて行きました。すると獣医さん曰く「足に異常はありませんよ。」と笑顔。という事は演技だったのかと愛しさ半分憎らしさ半分で安心していたところ、。「立派なオスですねー。」と獣医さん。オカメインコは、雛のときは特に性別が分からないので、ブリッコだからメスと三年間思い込んでいました。なのに、うそっ、オスだったのー。お姫様の様にあつかっていたのでそれからの扱いかい方が分からず「坊主」とか「長男」とか呼んでます。(川野)
[PR]
by fro-salon | 2004-07-13 16:51 | ペット


<< ☆フラの魅力☆ 熱闘!全日本女子バレーボール! >>