春に思い出す映画

いよいよ桜が色づき始めてきて街も気持ちも華やかになってきますね、セラピストの中井です。

この季節になると思い返して観たくなる映画があります。
岩井俊二監督の『花とアリス』という映画です。
とりわけ春のことを題材にしている訳ではないですが、印象的に桜の季節が心に残るような、そんな映画です。
物語は仲の良い2人の女子校生、花とアリスと、1人の男の子をめぐる淡い恋のお話です。
要所要所に岩井監督の描き出す幻想的で美しいシーンが散りばめられて、なんとも言えない懐かしくて、淡~い気持ちになる映画です。
2度とは来ない少女たちの10代の煌きの瞬間を見事に捉えた手腕は脱帽モノです。

というわけで最近良く聴いているのが、『花とアリス』オリジナルサウンドトラックです。
気になった方は映画共々是非一度聴いてみるといいかも知れないです。
全曲岩井監督ご自身がお作りなったそうです。

花とアリス 特別版
/ アミューズソフトエンタテインメント
ISBN : B0001AE1X6
スコア選択:


オリジナルサウンドトラック H&A
オムニバス / インディペンデントレーベル
ISBN : B0007V5Z3Y
スコア選択:
[PR]
by fro-salon | 2006-03-27 18:11 | 映画


<< ハーブ 久々に >>