青春時代

大学を卒業して、早くも3ヶ月になりました。学生生活が終わって、毎日のように会っていた(講義はサボりがちでしたが・・・)友人たちのことをこのごろ考えます。
ほとんどが連絡をとっていないので、現状がわからないのが正直なところです。。
DJになると言ってアメリカで修行を決意した1名。
植木職人になると言ってた1名。
会社に就職した3名。
何もしてない3名。
9月に結婚を予定している(できちゃった婚)1名。
だいたいこの9人といつも一緒にいたんですが。毎日サッカーしたり、飲みに行ったりばかりしていました。試験前は泊まりこみで勉強会もしたり。普段勉強しない分、試験前だけはみんなで力を合わせてひとつになり、ものすごい集中力で試験もパスしてきました。
 それぞれ家が東京、埼玉、千葉、茨城とバラバラなのが悩みです。僕が千葉の柏から吉祥寺に引っ越してしまって、さらに遠くなってしまったのも原因です。
しかしその中でも何もしてないの1名とはなんとか連絡をとっていて、たまに遊びに行っています。彼は会うたびに太っていってるように感じます。多分何もしていないからでしょう。スロットで勝ち続けているらしく、お金はあるようです。大学時代は負け続けていていたのに、やっぱり神様はいるんだなと感じました。
 大学では飽きるくらい一緒にいたのに、バラバラになっていくのはやはりさみしいですね。でもみんなそれぞれ頑張っていると思います。それぞれの地で戦っているはずです。
去年までは7月に荒川で行われる花火大会に毎年みんなで行っていたので、今年もそこで再会できるといいなと思っています。いくつになっても彼らといるときは、いい意味で成長していない子供な自分のままになってしまいますね。
みんな、たまには連絡下さい。今年の夏も暑くなりそうです!(関)
[PR]
by fro-salon | 2005-06-06 16:40 | 生活


<< 秘めたる才能 最近ハマりそうなこと >>